海外への投資

こんにちは、Yoheiです。

海外不動産投資が盛り上がりましたが、「いずれ海外に所在している収益物件を買う」のであれば、今まで以上に綿密に将来性を見極めることが求められます。

海外不動産投資をするという時に、最優先で考えておかなければならない点は、多数の海外不動産投資が「値上がりした物件の売却のみを狙ったものである」ということだろうと思います。

投資対象の一つと考えられる収益物件には、家賃などの賃料による収入だけでなくて、売却して儲けることができる物件も存在します。家賃収入などは預金・貯金などの利子と同様の「インカムゲイン」、アパートなどを売った時に得られる利益は株やゴルフ会員権などの売買で得た儲けと同じく「キャピタルゲイン」と言われることもあります。

超ビギナーが最初にチャレンジしてもいいのは、日本とは事情が異なっている海外不動産投資ではありません。日本国内の物件の賃貸料などの形で得られる収益を期待する、一般的な不動産投資だけだと心得てください。

広告などで見かける賃貸経営というのは、賃貸物件を保有することで手にできる家賃収入に軸足を置いた不動産投資と言っていいでしょう。原則として、物件を購入時より高く売って儲ける方式とは違うのです。

不動産投資ということで生まれて初めての投資物件を取得する時は、それまで続けてきた勉強がものを言うのです。物件選択を間違えないためにも、近所の平均的な家賃とか現場のチェック項目を覚えましょう。

賃貸料目当ての賃貸経営に目を向けると、アパートあるいはワンルームマンション経営等がありますけど、この経営において意識しなければいけないものとして、空室対策があります。

サブリースは、アパートそしてマンションなどの賃貸経営に関連する「サブリース会社による一括借り上げ」や「空室保証」のことととらえることもできますが、言葉の定義としては不動産会社の媒介で入居者に又貸しすること、一言で言えば転貸借のことです。

建物のオーナーとサブリース業者との間で契約したうえで行われる転貸借と考えられますから、ごく当たり前のアパート経営と一緒くたに考えてはいけないのです。なので、サブリースで気をつけるべきことも知っておく必要があります。

収益物件に関しては、アパートとかマンションのようなもののみであると思っては困ります。例えばオフィスとして使われる収益物件も結構な数があるようですし、飲食店を想定した物件やら倉庫使用が想定されている収益物件も多いのです。

不動産投資の本質とは、賃料から発生する収益を手に入れることですが、収益を保持させるには物件の保守が成功の秘訣になります。と言ってもその管理や修繕など、殆どのことは不動産会社が代行してくれます。

一括借り上げの契約をして欲しい不動産業者などは、「長期家賃保証」などと宣伝しているようです。それを言葉通りに受け取るのは避け、契約するのであれば、ひとつひとつ中身を明らかにすることが大事なのです。

「購入にかかる費用を考えると取り組みやすい」のがメリットの中古を対象にしたマンション投資でありますが、地方にあるようなマンションは候補から外すべきだというような評価がされているのは、地方においては空室のままで家賃収入が得られない危険性があるためです。

不動産投資セミナーというのは、中古物件に関するセミナーに偏っていると考えることが多いようなのですが、土地を取得することも盛り込んだ新築アパート経営について教えてくれるものも意外に多いのです。

不動産投資の収益力を分析する場合に、一般的に用いられるのは表面利回りなのですけれども、必要経費を差し引く実質利回りと比較して、表面利回りだと採算が取れるかどうかをしっかり鑑定することは困難だと考えられます。